ハセガワのハンドバッグ・ハンドバッグのハセガワ、貴女の為に世界で一つをオーダーメイドで作り上げます。ARS樹脂、プラスチック、アルミニュウム以外の革・皮製品のあらゆる修理の相談に乗ります。

修理までのお客様との交流

nt>
ラモーダハセガワ=長谷川榮一の実家の㈱ハセガワのブランドの一つ、
たまたま頂いたエナメルレザーのバッグの修理の可否についてのI.T様の問い合わせのメールの往復文例。

(前略)このバッグはかなり昔に家族が使っていたものです。バッグの二つに分かれた形をしています(スワロー襠(マチと呼びます)が合わさった部分のエナメルが長年の間合わさったままでしたので剥れています。
手提げも劣化して剥れが見えます。エナメル部分が修理出来るようなら裏生地も交換していただいて、手紐直し双方のお見積りを別々に出していただけると助かります

以上です。

横浜市 I.T様

お品物拝見いたしました。ご愛用いただきありがとう御座いました。

このスワローマチ底部の面がエナメル同士張り付くようになっております、
このデザインはわたくしが㈱ハセガワに在籍していない間にデザインされ、生産された商品でした。
エナメル質の表面のありさまを恥ずかしい思いで拝見いたしました。わたくしが在籍していれば企画進行をNGにしていたことと思います。

エナメル革はきれいな光沢とエレガンスな持ち味でフォーマルの場面などでは昔から人気を博していましたが現在ではエナメルの表面はウレタン樹脂で仕上げていますので面と面が合わさりますと粒子の交流が起こり色やウレタン樹脂の移行が起こります(移行現象と呼びます。)色が剥げたり、色の白化現象が生じたり。くっついてしまったりすることは判っていることでしたからデザイナーを管理している者のチェック漏れが考えられます。

申し訳ありません。今となってはお詫びの仕様がありません。

福井市のエナメルの傷を修理することができる会社のホームページにお問い合わせをいたしましたがなかなか費用もかさむことが分かりました。

ご検討ください。
この後、黒エナメルで補色修理、てひもリフォーム修理=ソフトのエナメル革で結論が出ました。

原因など良いお話を伺う事ができうれしいです。この形は今使ってもよいデザインだと思います。
二十歳の娘も使っております。

お客様は大変満足して下さいました。
弊社では修理の可否、その理由、次手段、方法等丁寧に研究して、検討を加えお答えしています。