ハセガワのハンドバッグ・ハンドバッグのハセガワ、貴女の為に世界で一つをオーダーメイドで作り上げます。ARS樹脂、プラスチック、アルミニュウム以外の革・皮製品のあらゆる修理の相談に乗ります。

HOME

最新のお知らせ


2020年4月9日 : 修理までのお客様との交流
nt>
ラモーダハセガワ=長谷川榮一の実家の㈱ハセガワのブランドの一つ、
たまたま頂いたエナメルレザーのバッグの修理の可否についてのI.T様の問い合わせのメールの往復文例。

(前略)このバッグはかなり昔に家族が使っていたものです。バッグの二つに分かれた形をしています(スワロー襠(マチと呼びます)が合わさった部分のエナメルが長年の間合わさったままでしたので剥れています。
手提げも劣化して剥れが見えます。エナメル部分が修理出来るようなら裏生地も交換していただいて、手紐直し双方のお見積りを別々に出していただけると助かります

以上です。

横浜市 I.T様

お品物拝見いたしました。ご愛用いただきありがとう御座いました。

このスワローマチ底部の面がエナメル同士張り付くようになっております、
このデザインはわたくしが㈱ハセガワに在籍していない間にデザインされ、生産された商品でした。
エナメル質の表面のありさまを恥ずかしい思いで拝見いたしました。わたくしが在籍していれば企画進行をNGにしていたことと思います。

エナメル革はきれいな光沢とエレガンスな持ち味でフォーマルの場面などでは昔から人気を博していましたが現在ではエナメルの表面はウレタン樹脂で仕上げていますので面と面が合わさりますと粒子の交流が起こり色やウレタン樹脂の移行が起こります(移行現象と呼びます。)色が剥げたり、色の白化現象が生じたり。くっついてしまったりすることは判っていることでしたからデザイナーを管理している者のチェック漏れが考えられます。

申し訳ありません。今となってはお詫びの仕様がありません。

福井市のエナメルの傷を修理することができる会社のホームページにお問い合わせをいたしましたがなかなか費用もかさむことが分かりました。

ご検討ください。
この後、黒エナメルで補色修理、てひもリフォーム修理=ソフトのエナメル革で結論が出ました。

原因など良いお話を伺う事ができうれしいです。この形は今使ってもよいデザインだと思います。
二十歳の娘も使っております。

お客様は大変満足して下さいました。
弊社では修理の可否、その理由、次手段、方法等丁寧に研究して、検討を加えお答えしています。



2017年8月24日 : 皮革の色落ち防止剤
海外から届いた商品が色落ちした。製品検査に通らない困ったな。堅牢度検査に通らないなどの困ったにはオキドキを思い出してください。
2017年7月4日 : ITのパーツを持ち歩く
タブレット、小型ノートパソコン等の周辺機器、付属パーツを一括で整理格納して持ち歩くことが出来たら便利だと思いませんか。
その他にもあなたの専門のお仕事用に使えるものがショップを探しても見当たらないで困った事ありませんか。個人でも会社でもそういった希望にそう品物を作ってもらえるところがあります。それはACAハセガワです。

一度お声をかけてください。

2017年3月22日 : 海外で生産し、色落が発見された
革・皮製品の色落ちで困っている方はいませんか?
ヨーロッパの皮革で生産したが。仕上がって輸入し、到着したので、納品のため検品してみたら色落ちした。
東南アジアの皮革で生産してみたら、湿式検査で堅牢度1か2になった。など多数の会社様で困ることがあります。
これをカバーするには今ではオキドキが役立っています。
国産でもデザイナーのこだわりで手触り感重視で製革完成された革でも色落ちで数千本の商品が経営の生死まで左右する事件がありました。これを大至急解決するために生まれ製品化されたのが”オキドキ”であります。この時にはなんと19回噴霧いたしました。有難いことに手触り、風合いなど大きな変化が無く当事社は大変助かりました。

2017年1月24日 : アラード大竹
アラード大竹の名前は職人ブランド

今人気のお笑いペアー サマーズの番組内で大竹の父親は“ハンドバッグ職人“
と何度も三村さんから、発言されていた“アラード大竹”は(最近は言わなくなってますね)
有限会社ACAハセガワ(HPはa-ca.com 又はACAハセガワで検索・参照)で
プロデュースいたしています。
ご希望、ご連絡は㈲ACAハセガワまで

アラード大竹は原宿・代官山などのショップのOEM商品を生産しています。
見本製作、少ロットの販売用商品製作受注、オーダーメイド引き受けに対応しています。


略歴: 長谷川榮一と一緒の学校京華学園卒の1年後輩に当たります。日大卒業後ハンドバッグ職人
として、学び、後年、製造卸として、小売店向け問屋のオリジナル商品を製造し活躍、後、
単体で弟と工房活動を始めました。



ご挨拶








お問い合わせはこちら
よいパパ よい母と覚えてね
Tel:03-3865-4188
営業時間/10:00~19:00 定休日/火曜日、金曜日